« 交通系電子マネーの使用履歴はアリバイ証明になるか? | トップページ | この理由で離婚の慰謝料請求はできますか? »

2015年1月 8日 (木)

離婚の誓約書について

Q
急に離婚を突き付けられました。それに対し婚姻期間分の生活費を月に4万とボーナス時に5万支払うと言ってきました。ですが3年半きちんと払ってくれるか信用できません。そこで誓約書を書いて貰おうと思ったのですが金銭的に専門家に頼む余裕はなく。。どうにか自分で作れないかと調べてみたのですが行き着く先は弁護士事務所のサイトに辿り着いてしまいす。
どなたか知恵をお貸ししていただけないでしょうか?

A
1 今の状況が飲み込めないので少し確認させてください。
「離婚」「婚姻期間の生活費」「3年半」というのはどういう関係になりますか。
(A)3年半の合意の上での別居を経てその後に協議離婚をするという流れなんでしょうか、あるいは、(B)今すぐ協議離婚はするんだけれど、慰謝料を今後3年半かけて分割払にするという流れなんでしょうか。どちらであるかによって、誓約書の文面はかなりかわってきますね。
それと質問者様は離婚自体は異存ないのでしょうか。
2 相手の約束が信用できない場合は、単なる誓約書では十分ではないでしょう。給料等の強制執行ができる「債務名義」を作っておかれるか、担保(保証人、抵当権、質権など)をとるしかありません。
債務名義としては、裁判所が作る判決・審判・調停調書などや、公証人が作る公正証書があります。手軽に作れるのは公正証書、費用が安いのは調停調書だろうと思います。
質問者様は突然の離婚話に気が動転されているのかもしれません。調停委員に話を聞いてもらって冷静になることもよいかもしれないなと感じています。
離婚調停も円満調整調停も「夫婦関係調整調停」と呼ばれます。 当分の間別居する という形で合意できればば、別居を調停成立となります という形で二人が合意すれば別居調停成立ということになります 「当事者双方は当分の間別居する。相手方は申立人に対し、別居期間中の婚姻費用として、平成○○年○○月○○日から当事者双方の同居又は婚姻解消に至るまで毎月末日限り、月額 ○万円を申立人の指定する銀行預金口座に振込む方法により支払う」というような形の合意になります。別居期間中夫が約定を守れば、別居満了後に協議離婚を前向きに検討するとしておけば、別居期間中夫はしっかり支払いをすると思います。多少は時間稼ぎができるので、質問者様も熟慮できるかもしれません。
3 質問者様の状況がわかればもう少し答えようもあるのですが。とりあえず下記サイトを参照してください。
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/14m-fuufukankei.pdf
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazityoutei/syosiki_01_23/index.html

« 交通系電子マネーの使用履歴はアリバイ証明になるか? | トップページ | この理由で離婚の慰謝料請求はできますか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離婚の誓約書について:

« 交通系電子マネーの使用履歴はアリバイ証明になるか? | トップページ | この理由で離婚の慰謝料請求はできますか? »

プロフィール

フォト

内容2

  • home
  • 報酬規定
  • 的場の主張
  • 法律相談Q&A
  • 雑記帳
  • 来訪者記帳所

よしなしごと

  • よしなしごと

カテゴリー

最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想