« 委任弁護士の作成書面の押印 | トップページ | 子供の交通事故の慰謝料請求 »

2012年3月 3日 (土)

過払い給料・交通費の時効について

■質問

2006年の3月に会社を退職しました。その会社には4月から勤務しており、給料も4月から一ヶ月分出ていて、要するに3月に退職した場合、勤務した月に先に振り込まれた給料を返還しないといけないらしいのです。

その通知が退職して半年も経った後に来たのでお金がなくて今日まで支払わないまま来てしまいました。給料以外にも勤めていた時に引っ越しをして、定期代金が変わった際の差額も請求されましたが(これは2005年のもの)両方とも今満額支払わなくてはいけないのでしょうか?

合わせて40万近くの大金で、すぐには用意できません。これまで何度となく催促状が来ましたが一度も応じていません。むこうは分割でも良いと言ってくれているのですが、もし時効で支払わなくてすむならば支払いたくないのです。

すでに6年経過している事もあり、支払わない場合には訴訟への手続きをする事になると言われています。法律に詳しい方、よろしくお願いいたします。

■回答

他の回答者が,請求書を送り続けていたら時効は完成しないと書かれていますがこれは明らかな誤解です(失礼の点は平にご容赦)。通常の請求書の類いでの催告(さいこく。請求とほぼ同じ意味。)によって時効が延長されるのは1回だけで延長される期間は6か月に過ぎません。「裁判上の請求」(訴訟、調停の提起、差押、仮差押など)をしなければ、時効は中断しません。(民法153条)同じ誤解をされておられる方がとても多いので要注意です。
さて、問題はこの場合の時効期間です。
色々な考え方がありえます。
(A説)労働者の給料請求権の時効と同じで2年
(B説)不法行為に基づく損害賠償と見ると事実を知った時から3年
(C説)会社(生まれつきの商人)の債権なので商事時効5年
(D説)一般の民事時効10年
などがあるでしょう。私はD説でありおそらく実務ではD説が強そうな気がしますが、他の説も間違いとは言い切れないでしょう。こちらの回答者の方はC説が多いようですね。
6年くらい経過しているので、A説(2年)、C説(5年)だと既に時効完成、D説(10年)だと時効はまだ完成していないことになります。B説(知ってから3年)だと、会社がミスに気づいたのがいつだったかによって結果が左右されることになります。
そこで、私ならどうするかというと、
「A説を主張し時効を援用する。仮にそうでないとしてもC説だからということでやはり時効を援用する」という2段構えの主張を立てて、内容証明郵便で時効援用の意思表示をします。
「お前はD説なんだろう。そのを本心を隠して、A説だのC説だの言い立てるお前のご都合主義は実にけしからんぞ。」というお叱りもあるかもしれません。しかし、世の中そんなもんでしょうよ。あなた(質問者)にとってどういう主張が有利になるか(通りやすいかという点も含めて)ということだけを考えての意見ですから、細かい矛盾はご容赦願います。
話を元に戻しましょう。実は、会社はその内容証明を見てあきらめる可能性がかなり高いと見ております。(違ってたらゴメンね。しかし、D説に立つ私が会社から法律相談を受けたとしても、「訴訟はやめとけ。」とアドバイスするような気がするのです。会社は40万円あなたに給料を払ったことにより、利益が圧縮され法人税を安く納めています。損しているだけではないのです。判決で勝っても事実上回収できなかったりすると裁判経費以上の損が出てしまうことがあるかもしれません。40万円だと費用倒れの危険もなくはありません。)
もし、裁判を起こされた場合は、答弁書で同じ争い方をし、証拠としてこの内容証明郵便物と送達証明書を提出します。このようなケースでは裁判所から強い和解勧告がありますから、そこで裁判所のご意見をよく聞いて歩留まりのよい和解を考えればよいのです。(裁判所の前まで来たら、自説に固執して頑固すぎる対応はしない方が身のためですよ。)
地元の弁護士の相談して弁護士名で内容証明を出してもらうのがお勧めですね。

« 委任弁護士の作成書面の押印 | トップページ | 子供の交通事故の慰謝料請求 »

民事事件・その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過払い給料・交通費の時効について:

« 委任弁護士の作成書面の押印 | トップページ | 子供の交通事故の慰謝料請求 »

プロフィール

フォト

内容2

  • home
  • 報酬規定
  • 的場の主張
  • 法律相談Q&A
  • 雑記帳
  • 来訪者記帳所

よしなしごと

  • よしなしごと

カテゴリー

最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想